留学生は卒業したら、留学ビザを早く特定活動へ切り替えて下さい。

大学を卒業してもビザが残っているから大丈夫だと思っている学生が多すぎです。間違いですよ。

卒業式を終えたら、留学生ではありません。留学ビザのままでは違法なのです。

卒業しているあなたは、何のビザで日本にいるのでしょうか?という事になります。今現在大学に在籍していないですよね?

企業の方も雇用したくても、就労ビザを出してあげたくても、留学生ではないとわかれば、雇えないのです。

就職が決まっていなければ、特定活動へと切り替えていないとなりません。ビザが切れるから切り替えるのではなく、大学を卒業するから切り替えるのです。

ここを間違えてはいけません。

卒業してしまったら、まず、就労ビザを取るために、「特定活動」の手続きをしてください。

就職は卒業する前に決めておきましょう。これが基本です。

また、私たち職業紹介者の立場としては、企業へ推薦できる人をご紹介していきます。

できれば、N1を取っていてほしいです。
日本の大学卒業する前提であればN2を取らないとなりません
そうでなければ、大学からの推薦状はもらえないでしょう。このことも知らない人が多い。

真面目に日本へ留学している人はこのことを調べているはずです。

弊社のような場合も職業紹介するという仕事は、誰でも入社できますよという事ではなくて、この人なら、企業へ大変良い人材だと思いますと推薦を提出し、会社側で、良い人を紹介してくれて、助かりますという会話が成り立たないとなりません。

職業紹介へ行けば、就職出来るという観念でいると違います。

外国人は日本人として就職するより困難です。

今は技能実習生、特定技能のVISAを持って日本で働く人たちがいます。彼らは、企業が決まってから日本に来るので、就職は困らないのですが、転職しようとする人もいます。脱走する人もいます。

大変だからだと思うのですが、そんな事をしたら、後輩もそうですが、日本で働く事はますます難しくなります。要するに外国人の印象が悪くなるのです。

大卒はホワイトカラーとして働きたいと願っているかと思いますが、現実は厳しいです。日本の制度という中身を知れば知る程、外国人が日本で働くの難しいのだとわかってきます。

だから、在学中にN1を取りましょう。そうでなければ日本での就職は厳しいでしょう。
N2取っていたら、大学から推薦状を貰って活動しましょう。

あとは、大学在学中に特定技能としての資格を取ってしまいましょう。試験に合格すれば特定技能として就職できます。但しN4以上をとっていないとなりません。

日本語能力テストは7月と12月頃試験があります。持っていないで就活は出来ないと考えたほうがいいと思います。

もし持っていないで就職できたとしたら、それは大変運がいいので、「つらいから次の就職を」と言う人がいますけど、次はないと思う方がいいと思います。

日本の入管はVISAを簡単に出してくないし、企業も雇うことにメリットを持っていないとと考えているからです。

コメントする