外国人留学生のビザでアルバイトの決まり事

ビザの関係はなかなか難しいです。留学生はピリピリしている事だと思います。

留学中は1週間に28時間までしか働けません。これを守らなければ本人も雇い主も罰則があります。特定活動中も一緒です。

留学生は不法就労となり、ビザの更新や、就労ビザへの変更が困難になります。悪質な場合、強制送還の処分になる場合もあります。

会社側には、不法就労助長罪が適用され、罰則としては、3年以下の懲役、300万円以下の罰金、またはその両方が課されます。

留学生の在留カードの裏面に、「資格外活動許可」のスタンプが押されていれば、週に28時間以内のアルバイトが可能です。でも、夏休みなどの長期休暇期間中は、1日8時間まで、週40時間まで働くことが可能です。

時給がいいところで働くと変更の際、直近の年収が200万円を超得ることがあり得ます。

そうなると、本当に週28時間以内のアルバイトを守っていたのかを証明する書類を求められます。給与明細書のコピー、給与振込された預金通帳のコピーとかです。もし時給が高い場合、なぜ高いのか、その説明を求められます。

要は、適切な行為をしているか、そうでない場合、留学ビザの更新不許可、あるいは就労ビザへの変更不許可という事に。

他に留学生でもインターンは出来るのか?答えは手続きが必要です。

下記条件を全て満たす人であれば、一般社員と同じように、週に40時間程度、合法的に働くことも可能になります。

  • 大学4年生、修士2年生、博士3年生であり、卒業に必要な単位をほぼ修得している留学生
  • 特定活動ビザ(継続就職活動)を持っている外国人
    ※特定活動ビザ(継続就職活動)は、原則、週に28時間以内のアルバイトしか認められていませんので、フルタイムでのインターンを希望する場合、ビザ変更が必要です。
  • 大学4年生、大学既卒者・・・仕事内容が大学等で学んだ専門知識を活かすものであること
  • 専門学校2年生、専門学校既卒者・・・仕事内容が専門学校で学んだ科目と密接に関係があること

詳しい事は行政書士の人に相談しましょう。

ご紹介することができます。

申請書類

  • 在留資格変更申請書
  • 証明写真(4×3cm)
  • 在学証明書(既卒者の場合、卒業証明書)
  • 成績証明書(卒業要件単位を概ね8割以上取得していること)
  • インターン先の会社案内
  • 職務内容説明書

職務内容説明書とは、職務内容、履修科目との関連性、一日のスケジュール、職務場所、報酬、インターン終了後のキャリアパスなどの詳細を具体的に説明したもの。会社印が必要です。

以上留学生のアルバイト情報でした。

コメントする