ケアマネージャーの資格をとりましょう

ケアマネージャーになると、重労働というイメージがありません。
資格をとるのに条件があります。

① 介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。

この試験は各都道府県により管理されている公的資格です。

② 受験資格は以下の業務を通算して5年以上かつ900日以上従事しないとなりません。

  • ・該当の国家資格等に基づく業務(※)をもっていること

(※)該当資格:医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作 業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語 聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理 栄養士)、精神保健福祉士

といった条件が必要になります。
ケアマネの仕事はというと、
・要介護認定の調査

要介護認定とは、介護の階級を査定することです。「介護保険サービスの利用」を希望する人に対して「介護度なにか・サービスは何が必要なのか」を判定する仕事です。この認定調査を、市区町村から委託されたケアマネージャーがおこなうことが多々あります。調査自体は、利用を希望する方の自宅などへ伺い行います。

・要介護認定の申請の代行

要介護認定の申請とか、更新は本人又は、その家族が行政の窓口で行いますが、一人暮らしとか、何らかの事情の時、申請が難しい場合はケアマネージャーが申請を代行する場合もあります。

・課題分析(アセスメント)

ケアプランを作成します。利用希望者の心身の状態や生活の状況、その家族の希望などを聞き取り調査をして、「どのような介護サービスが適切なのか」を総合的に判断していきます。調査は重要な仕事になります。

・介護サービス計画(ケアプラン)の作成

課題分析(アセスメント)によって得た情報を基に、利用者が受けるであろう介護サービスの方針や内容、これから解決すべき課題や目標などを適切に設定できるよう計画を立てます。

この計画を介護サービス計画(ケアプラン)といいます。

このプランの作成こそがケアマネージャーのメイン業務といえます

・サービス事業者や利用者との調整

介護サービスは非常に多くの種類があり、利用者さん自身で目的に合った適切な事業所を見つけるのは困難なので、いろいろ相談を受けて、計画を組んでくれるケアマネージャー(介護支援専門員)がさまざまな情報を提供し、介護サービスを求めている方と事業所を連携しながらサポートしてきます。

ひとりひとりの様子や調査をしながら、利用者に合う施設や計画などをプログラムする仕事はITが進んでいるとはいえ、一人ひとり様態が違うので、ITでは間に合わないと言えるでしょう。コミニケーションを取り合うので、人と人との結びつきとしても、将来的には重要視される仕事の一つだと言えます。

 

コメントする