簿記の収入

簿記には1級から3級まであります。

1級は簿記資格の合格率は10%。2級の合格率約20%、3級は約50%弱と言われています。

試験に合格採用に有利です。簿記1級取得者の主な勤務先には、上場企業やその子会社の経理職へと就職へしています。

というのもグループ企業として連結決算処理ができる会計のスペシャリストを求めているからです。

簿記1級では年収は平均420万円位というデータがあります。

簿記2級では年収平均325万円位なので、差は100万円ちかくになります。

簿記1級習得して、大手企業に就職出来る可能性もあるし、年収も大手なら600万円だすところもあります。

年収はあくまでも目安なので、企業によって違いがあります。

コメントする