コールセンターの種類と業務

コールセンターでは受信業務とは5つの種類があります。

①テレフォンオペレーター

②カスタマーサポート

➂ヘルプデスク

④テレフォンアポインター

➄テレフォンマーケティング

があります。

それぞれ説明していきましょう。

①テレフォンオペレーター

かかってくる電話を受ける仕事です。新規顧客からの注文やサービス加入についての問い合わせ等を受ける窓口とかありますよね。テレフォンショッキングなどがそれになります。

②カスタマーサポート

相談の窓口です。企業にとって大切な既存顧客の相手がメインとなるため、テレフォンオペレーターより深く細やかな対応が必要となる点です。

➂ヘルプデスク

相談窓口で、解決に導く仕事になります。テレフォンオペレーターやカスタマーサポートより専門性の高い仕事のようです。商品や製品、サービスに対する深い知識が必要です。

④テレフォンアポインター

電話を掛ける方です。訪問販売のアポイントをとったりするため、お客様に電話をかける仕事です。見込み顧客のリスト等を基に電話をかけ、営業が訪問する約束を取り付けます。

➄テレフォンマーケティング

テレマーケティングには、顧客からかかってきた電話に対応するインバウンド方式と、見込み顧客にアプローチするアウトバウンド方式があります。

インバウンド方式は、顧客からの電話を待ち、注文受付やお問い合わせに対応していきます。

アウトバウンド方式は、企業から見込み客に直接電話をかけて商品の紹介をし、購入を促していきます。

商品やサービスをアピールしたり、アンケート調査を行ったりします。

 

 

「コールセンターの種類と業務」への1件のフィードバック

コメントする