日本語能力(JLPT)

外国人の方がとる資格について、

日本語能力(JLPT)というのがあります。

外国人を採用を考えている企業さんにもわかっていただければなと思います。

日本語能力(JLPT)の資格を取るにはお勉強が必要ですよね。

さいてい                しゅうしょくりつ      あ
最低
N2を持っているだけで、 就職率 はぐんと上がります

N3、N4でも資格を取ることが大切!

しけん      かね                  も          ぜんぜんちが
試験なのでお金はかかってしまいますが、持っているだけで全然違います。

しゅうしょく
就職 するのにはN2をもっている方がいいと思います。

がいこくじん                 しかく  も           ぜんぜんちが
外国人でもトイック(TOEIC)の資格を持っているだけでも全然違います。

にほんごのうりょくしけん
日本語能力試験
にはN1、N2、N3、N4、N5の5つのレベルがあります。

いちばんやさしいレベルがN5で、いちばんむずかしいレベルがN1です。

日本語能力試験にほんごのうりょくしけんのレベル認定にんてい目安めやすは、「む」「く」という言語行動げんごこうどうあらわします。このひょうには記述きじゅつしていませんが、それぞれの言語行動げんごこうどう実現じつげんするための、文字もじ語彙ごい文法ぶんぽうなどの言語知識げんごちしき必要ひつようです。

N5は基本的きほんてき日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

N4は基本的きほんてき日本語にほんご理解りかいすることができる

N3は日常的にちじょうてき場面ばめん使つかわれる日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

N2は日常的にちじょうてき場面ばめん使つかわれる日本語にほんご理解りかいくわえ、より幅広はばひろ場面ばめん使つかわれる日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

N1は幅広はばひろ場面ばめん使つかわれる日本語にほんご理解りかいすることができる

 

と言われています。

N2、N1を持っていても、コミュニケーション能力が低い方もいらっしゃいます。

反対にN3しか持っていなくても、コミュニケーション能力がものすごく高く

こちらの言っていることが返答がちゃんとできる方もいらっしゃいます。

採用をお考えの企業様はどんな人材がご希望かお伝えして頂ければ

登録者の中からご紹介いたします。

 

がいこくじん かた
外国人の方は

べんきょうほうほう     かこ  で     もんだい と   べんきょう
お勉強方法ですが、過去に出ていた問題を解くお勉強がおすすめです。

もし一人でできないのであれば、

        べんきょうじゅく
ケンケンでお勉強塾がございます。

りょうきん いっかげつ
料金は1ヶ月6000円になります。

と  あ
問い合わせください。↓↓↓

https://ken-ken.co.jp/contact_1

コメントする