住宅型有料老人ホーム

自宅型有料老人ホームは、自立・要介護・要支援の方が入居でき、

食事サービス、掃除・洗濯などの生活支援サービス

医療機関提携・緊急時対応などの健康管理サービス

レクリエーション・イベントなどのアクティビティなどが受けいられる施設です。

介護が必要になった場合、

訪問介護や通所介護などの在宅サービス事業所とサービスごとに入居者個人が契約をして介護サービスを受けれます。

自立の方を対象にしたところが多い印象ですが、実際は要介護者を対象にしたところも多くあります。

介護付有料老人ホームの基準を満たしているものの、

特定施設入居者生活介護の認可数があらかじめ決められている(総量規制)自治体では認可が下りず

やむを得ず在宅型有料老人ホームとして運営しているところもあり、在宅サービス事業所が同じ建物にあるなど

介護付有料老人ホームと一見何も変わらないところもあります。

費用は入居時に支払う入居金と、月額利用料がかかります。

介護サービス費は在宅でサービスを受ける場合と同様に、

介護度にとる支給限度額までは1割から3割負担(収入による)

それを超えると10割負担となります。

コメントする